31歳 転職 未経験

“31歳で未経験の状態ですと、転職に関する不安感が生じてしまう事もあります。しかしエージェントなどを活用すれば、31歳でも十分に転職に成功するケースも多いのです。

35歳以上では少々厳しい傾向がある

転職が上手くいくか否かは、35歳が1つのボーダーラインになります。31歳という状態ですと、まだ十分に間に合う事も多いのです。
そもそも一般企業では、年齢が高めな方々を敬遠している一面もあります。あまり年齢が高いと、内定が厳しくなってしまう企業も確かに多いのです。まして業界未経験ですと、さらに厳しくなってしまいます。その年齢の1つの目安が、35歳という基準があるのです。
しかし31歳という状態なら、まだ30代後半には達していません。ですから転職で成功する可能性は、大いにあるのです。

31歳なら未経験でも採用される事も多い

そもそも35歳以上ですと、それなりにキャリアを積んでいる方々も多いです。35歳で未経験なのは、不採用になってしまう確率も高くなりますが、経験者ならば年齢を補えるケースも多々あります。
ところが31歳となると、未経験者という事例も多いのです。ですから企業側としては、たとえ未経験者でも31歳の人材を採用してくれるケースも、意外と多くあります。

人材会社のサポートを受ける

ところで31歳で転職に臨んでいる方々は、しばしば人材会社に登録しています。様々なサポートを受けられるからです。
面接では、「きちんと自己分析をしている人材」かどうかも見られる事になります。転職に関する人材会社は、その自己分析のサポートをしてくれるのです。
また人材会社では、面接に関するサービスも提供しています。いわゆる模擬面接を行って、客観的にアドバイスしてくれる人材会社も多いのです。
また31歳ともなると、色々な企業で働いて経験がある方々も多いですが、それに基づいて職務経歴書も作る必要があります。人材会社なら、その職務経歴書の添削サービスも提供しているのです。
ですから31歳で転職を成功させたいなら、人材会社に登録してみるのも一法です。” 果たして31歳で未経験という状態では転職は少々厳しいのか

転職は幅広い年代で行われている

終身雇用制が崩壊して久しくなり、転職は生涯のうちに2回~3回行うことが珍しく無くなりました。キャリアアップ転職といったことも行われるようになり、定年まで勤め上げる人ばかりではありません。40代・50代であっても行える転職ですが、未経験業種へのチャレンジについては中高年ほどハンデが大きくなるはずです。中途採用の中心は、即戦力として最小限の研修のみで業務へすぐに取り組める環境にあります。

未経験業種への挑戦は31歳ならラストチャンス

転職にはキャリアアップ転職と未経験業種への挑戦という2種類が存在し、未経験業種を目指すなら31歳という年齢はラストチャンスだと考える必要があります。なぜなら、勤続年数3年以内での再転職はキャリアアップ以外では好意的に受け取られ無いからです。多くの未経験者歓迎としている業種では、キャリア育成のためという理由付けにより35歳程度迄を採用基準としている例が少なくありません。31歳で転職を行って再転職を考えると既に35歳に達しており、全く既存の仕事と無関係な業種への転職は無理だと考えています。

既存のスキルにプラスする転職を目指そう

31歳で転職先を探す時に未経験者歓迎としている業種を探すなら、手持ちスキルに磨きをかけて上を目指すという上昇志向をアピールする必要があります。敢えて転職しなければならない理由を明確に回答出来るよう準備しておかなければなりません。プログラマーは30歳定年説が有名ですが、上流工程を扱うポストに空きが無ければ外部に転職先を見つける必要があります。転職先への応募を行う際にも未経験業種への挑戦理由を聞かれるので、プラス思考での転職だと大いにアピールしなければならないわけです。社内昇進が難しいために仕事にマンネリ化を感じてしまっているならば、未経験ポジションへの転職にチャレンジしてみると良いです。”